成田山の厄払い

厄払いTOP >> 成田山の節分祭会

厄払い

成田山の節分祭会

 成田山で行われる節分祭会は、厄払いされる年男・年女による年中行事です。

慶雲3年(706)文武天皇の世に疫病がはやり、疫気を祓ったのが追儺の行事の始まりであるとされており、節分祭として続いております。
このようにこの行事は厄払いの機会でもあります。

 恒例になりました大本山成田山仙台分院「節分祭」を毎年行っています。
節分に厄はらいを御祈願される方が多いようですが、お申し込みをしても、しなくても、大本山成田山仙台分院の節分祭会に参加し豆を拾っていただけるので、お気軽にお越しください。
また、節分祭にお申し込みの方は裃袴姿で豆まき式に参加いただけ、札・福豆・福升・御縁袋といった供物がつきます。
豆をまく時には普通のところでは「福は内、鬼は外」と唱えますが、成田山の場合、「福は内!!福は内!!」のみ連呼します。「鬼は外」は唱えません。
これは仏の教えに従い、鬼だけを追い出すことはできない、すべて平等である、鬼も仏の心を聞けば立派に更生するということから、このような掛け声による節分祭の行事があるのです。

厄払い関連

厄払いTOP厄除け厄年九星方位気学の厄アクセス修養日プライバシーポリシーサイトマップ

成田山の節分祭会ページTOPに戻る