成田山の厄除け

厄払いTOP >> 厄除け >> 節分の厄除け豆まき

節分の厄除け豆まき

厄除けと節分まめまきの由来

 厄除け節分まめまきが、わが国に伝わって、文武天皇の慶雲3年(706年)に宮中で初めて厄除け節分まめまき営まれたことが『続日本紀』にかかれています。
 その記事によりますと、節分豆まきは慶雲3年には諸国に疫病が流行して多くの死者が出たので、土牛を作って大いに「おにやらい」したと記述されています。
それが厄除け豆まきのもとになっています。
なかでもまめまきが行われる神社・仏閣として、京都市の吉田神社、廬三寺、奈良市の春日神社、熊本県の阿蘇神社、千葉県の成田山新勝寺などが有名です。
一風変わった厄除け節分まめまきの行事として下谷(したや:現在は上野公園の中にあります)の五條天神では、逃げる赤鬼、青鬼を待ち受けていた武者が桃の弓に葦の矢をつがえてこれを射、福助の面をかぶった男性が、鬼の後から豆を投げつけるのです。

厄除け節分会と豆まき

 節分会には、多くの場合駆逐する鬼に豆がまかれますが、これは中国の習俗をそのまま伝えたものです。
すでに、わが国では散米(うちまき、打撤)といって、米をまいて悪霊を払う呪法がありましたので、豆をまくことが容易に受け入れられたものとみることができます。
 東京雑司ヶ谷の鬼子母神では「鬼はうち、福は内」といいます。「鬼は外」といえば祭神を追い出すことになってしまうからです。また九鬼家では「鬼は内、福は内、富は内」と唱えるそうです。
鬼は悪鬼ではなく、幸せをもたらす鬼であるからです。
 善い鬼と悪い鬼がいるのは、人の心のあり方を示しているのでしょう。豆をまくのは、私たちの心の中にある悪いおにを追い出して、幸せに人生を送れるようにと反省と希(願)いとが込められているのでしょう。

節分豆まきと厄除け

 2月3日ごろの節分に行われる豆まきは「除災招福といい、もともとは邪悪をもたらす鬼を追い払って、幸運だけを我が家にもたらしたいという願いから始まったと言われています。
なぜ2月3日ごろの節分なのかは、翌日が立春だからです。立春は、ほぼ旧暦の正月と重なります。
 新年の神様を迎える事で、この新年の神様の事を年神と言います。節分の豆まきは年神を迎える行事です。
大豆を炒った豆を一升枡に入れて、家の外に向かって(鬼は外)、家の中に向かって(福は内)と言いながら豆を投げますが厄は家や身体の外へ、幸せは家や身体の中へという事なのです。
これを、節分の夜に行われる追儺(ついな)式と言います。
 一般家庭では(鬼は外、福は内)と唱えてまめをまき縁起として煎った豆を年の数だけ食べます。節分の日に年齢の数だけ豆を食べる事は、年神の魂(年玉)を身体の中に入れることでもありました。
 厄年にあたる人には別のしきたりがあり、古式によれば鬼を追い払う為に煎った豆を自分の年の数だけ数えて取り、これに一粒足して、清浄な紙に包み、その包みで頭の先から足の先まで打ちたたき、たたき終わったものを、台所の古い火吹竹と一緒に持って外に出ます。それらを四つ辻に落とし、後ろを振り返らぬようにして戻ってくるというのです。
 まめの数を一つ多くするのは、翌日が立春で、数え年が加わるのは正月からではなくて、立春からだという考え方があったからです。

成田山の厄除け

 真言宗大本山成田山では、教えに従い、密教の秘法による厄除け豆まきの儀式を行います。
 これは当山より心経365返を読誦し、1年365日の一日一日が無魔息災で厄除けがあることを祈る年中行事です。
節分祭、厄除け豆をまく時には真言宗大本山成田山の場合、「福は内!!福は内!!」のみ声がかけられます。「鬼は外」は言いません。
これは仏の教えに従い、鬼だけを追い出すことはできない、すべて平等である、鬼も仏の心を聞けば立派に更生するということから、このような掛け声による厄除け豆まき式の行事があるのです。

厄除けについて

節分と厄除けについて

厄払いTOP厄除け厄年九星方位気学の厄アクセス修養日プライバシーポリシーサイトマップ

節分の厄除け豆まきページTOPに戻る