成田山の厄除け

厄払いTOP >> 厄除け >> 自分でできる厄除け

自分でできる厄除け

自宅でできる厄除けと成田山祈願文

 伝統的な厄除けを本格的にとり行おうというのなら、厄除け祈願をしてくれる神社や仏閣に出向くしかありません。 しかし、自宅で厄除け風の厄除けをしたいというのであれば、それもまた可能です。つまり、神社や仏閣の厄除け祈願で唱えてもらえる厄除け祈願文を、自分で唱えればいいのです。
 参考までに、成田山・不動明王の祈願文の一部をご紹介しますので、興味のある方は、祈願文を声を出して読んでみるといいでしょう。
 気息を整え、一字一語を大きな声でゆっくりと読み上げ、心に響かせるのが、正しい唱え方のポイントです。
 災厄の穢れを清めるといわれる祈願文は、毎日神社や仏閣で唱えられていますので、日々の暮らしの中に取り入れるには最適でしょう。

祈願文
ほんじつふどうみょうおうをさんぱいし
ねんごろにしょがんじょううをいのる
本日不動明王を参拝し
懇に諸願成就を祈る
誠に信心堅固也矣
あおぎねがわくば
ごほんぞんだいにちだいしょうふどう
仰ぎ願わくば 御本尊大日大聖不動
みょうおうしゅじょうのいにしたがって
明王衆生の意に随て
しかもりえきをなたもうの
而も利益を作給うの
ほんちかいをめぐらしてしんちゅうのしょがんを
本誓を廻らして心中の所願を
まんぞくせめたまわんことを
満足令めたまわんことを
うやまってもうす
敬て白す

自分でできる厄除けの方法

家の中にたまっている厄(ケガレ)を放置しておくと、ますます症状が悪化してしまいます。住まいの厄を除けるにはトイレ、浴室、洗面所、キッチンなどの水まわりをていねいに掃除することです。
水垢やカビ、排水口の汚れは徹底的に落とし、換気扇もクリーニングしましょう。
掃除したあとは、それぞれの水場に盛り塩をしておくといいでしょう。
玄関は、その家に出入りする人が、外から持ってきた厄を除ける空間です。
ここが汚れていると十分に厄を除けられず、家の中にそのまま厄が持ち込まれることになるので要注意です。
厄年のラッキーファッションは、「キラキラ光るもの」です。
落ち込んだ時はどうしても黒やグレーなどのモノトーンを身につけがちだが、運気を底上げするためには、ゴールドやシルバー、パールの力を借りましょう。
黄色やピンク、オレンジ色など、明るい色の服も、気持ちを明るく引き立ててくれます。

厄除けについて

節分と厄除けについて

厄払いTOP厄除け厄年九星方位気学の厄アクセス修養日プライバシーポリシーサイトマップ

自分でできる厄除けページTOPに戻る