成田山の厄除け

厄払いTOP >> 厄除け >> 厄除けの夏越し祭

厄除けの夏越し祭

厄除け

 夏越し祭は半年間の罪やけがれを清め、厄をお払いする行事です。神社で茅の輪くぐりなどを行ってお神札を家の神棚に供え、無病息災、厄除けを祈ります。

 茅の輪とは六月の末、神社に参詣すると、相撲の土俵をタテにするようなものが立てられています。この茅の輪をくぐると、半年分の不浄が茅の輪に移って、身が清められるといいます。

 「夏越の大祓」の神事では、ヒトカタと称する白紙で作った紙人形を配布し、そのヒトカタで体をなで、息を吹きかけてもらいます。
こうして罪・穢れを付着させたヒトカタを集め、川や海に出て大祓を唱えながら流す。全国各地に伝わる流しビナの風習や、東北地方のネブタ流しも、本来の意味はこうしたヒトカタに罪・穢れ・病気などを託して流す事にありました。
この茅の輪は罪穢・疫気を祓う祭具の一種で、茅・真菰・藁などを束ねて輪状にしたものです。
ちなみに、シメ縄は茅の輪を解いたもので一文字ともいいます。

茅の輪の由来と蘇民将来の伝説
 この茅の輪くぐりの由来譚として(備後国風土記)キビノミチノシリノクニフドキに、次のような話が載っています。
 昔、蘇民将来、巨旦将来という兄弟がいました。兄の蘇民将来は大変貧しく、弟の巨旦将来は富んでいました。
あるとき、武塔神(ムトウジン)が南の海の神の女子(むすめ)のもとへ行く途中で宿を求め、金持ちの弟は拒絶したが、貧乏な兄は武塔神を泊め、栗飯などをご馳走して優遇しました。
 武塔神はたいそう喜び兄の蘇民一家に茅の輪を与え、腰に付けさせ、その年に流行した疫病から救い、「我は須佐乃男命スサノヲノミコトの神なり」と告げたと言います。
 この伝説に基づいて、「蘇民将来子孫の宿」と書いた紙を門戸に張ったりする習慣もあります。武塔神が自らの正体をスサノヲと名乗った事から、この説話は京都の祇園社、須佐乃男命を祭った八坂神社の縁起にもなっています。

厄除けについて

節分と厄除けについて

厄払いTOP厄除け厄年九星方位気学の厄アクセス修養日プライバシーポリシーサイトマップ

厄払いページTOPに戻る